東北の復興と未来に向けた街づくりを応援!アシスト株式会社

ため池浚渫・水処理用車輌(バキュームダンパ、強力吸引車、スーパーモービル、パウダークリーン)、資材、台船等

ため池工事説明

浚渫工(ポンプ式浚渫)

水中掘削機は台船から吊り下げて使用します。水中掘削機に掘削ケーシングに囲われた範囲内をポンプの吸引力により浚渫します。 施工に当たっては、施工部分を10cm程度オーバーラップさせてせこうすることによって施工範囲内の底質を確実に掘削・除去します。 施工部がケーシングに囲われているため、掘削に伴い舞い上がった濁水が広がることなく、施工するため池の貯留水の再汚染のリスクの低い工法です。

主要機材

【浚渫台船】
作業用の箱船、推進力はなく、クレーンや発電機などの土台としたり、重量物の運搬などに使用

【原水槽】
台船から送られてきた汚染土を貯水する水槽

【凝集攪拌槽】
泥水に凝集剤を入れて、汚泥と水に分離する装置

【スクリュープレス脱水機】
凝集攪拌槽から出てきた、汚泥を絞り圧縮することにより汚泥に含まれている水分を搾り取る装置

【加圧型脱水機】
ため池からくみ上げた濁水に含まれている、木や枯葉等を分離して集めて絞る装置

濁水処理工程

台船から送られてきた浚渫水は、土ふるい機によって濁水処理工程の障害となる大型の有機物等を取り除き、 現水槽において濁水中の固形物濃度を一定の範囲に調整した後、攪拌槽に送られ、凝集剤を添加し攪拌されます。 攪拌槽内では、送られてきた凝集フロック(固まり)が形成され、固形物と清澄水が分離されます。 清澄水は放流水槽に送られた後、原則としてため池に還流します。形成された凝集フロックは搬送間管を通り脱水工程に送られます。

凝集簡易試験

凝集剤とは・・・
汚濁水中に分散している粒子を集合させ、沈殿を促進するために用いられる物質です。 本工事で使用します凝集剤は、分析・安全性の品質証明証を得た材料を使用致します。

凝集剤コアライト使用

工事期間中の安全対策

  • ① 法律で定められたルール(労働安全衛生法)必ず守る事
  • ② 各工事現場で決められているルールを必ず守る事
  • ③ 会社で決められているルールを必ず守る事

ため池浚渫工事期間中の、地域住民の皆様への配慮を徹底する。 工事車両等、交通安全ルールを遵守するとともに、学生等の登下校時間帯等なども十分に注意致します。 また、安全面はもちろんのこと環境にも配慮した施工を全作業員で取り組めるよう心がけます。

無事故・無災害を目標に施工完成を目指します

プレス式脱水機

  • プレス式脱水機

スクリュープレス脱水機

  • スクリュープレス脱水機

攪拌凝集槽

  • 攪拌凝集槽

攪拌凝集槽

  • 攪拌凝集槽

遠心分離機

  • 遠心分離機

分級設備

  • 分級設備

源水槽

  • 源水槽

原水槽

  • 原水槽

反応槽

  • 反応槽

浚渫用アタッチメント搭載 組立式台船

ハイブリッド汲み上げポンプ仕様

浚渫用アタッチメント搭載 組立式台船

  • 浚渫用アタッチメント搭載 組立式台船

水中ポンプ

  • 水中ポンプ

タンク

  • タンク

超高風量バキュームダンパ22㌧バックモニター付き

吸引風量最大100㎥/min 吸引吐出Φ120
動力143kW 車両総重量21950kg
最大積載量6450kg 静圧-93kPa 加圧0.07MPa
タンク総容積6.5㎥
兼松エンジニアリング

超高風量バキュームダンパ22㌧バックモニター付き

吸引風量最大80㎥/min 吸引吐出Φ120
動力106kW 車両総重量21990kg
最大積載量7910kg 静圧-96kPa 加圧0.07MPa
タンク総容積8.4~8.5㎥
兼松エンジニアリング

超高風量バキュームダンパ

吸引風量最大41㎥/min 吸引吐出Φ125
動力98ps 車両総重量19995kg
最大積載量7170kg 加圧0.07MPa
兼松エンジニアリング

水封式真空ポンプバキュームダンパ コンパクト

吸引風量最大10㎥/min 吸引吐出Φ125~50
車両総重量21740kg
最大積載量10000kg 真空圧0.099MPa
東急車両製造㈱

浚渫用ミニバックホウ

クボタ
RX-201
小旋回0.05㎥

浚渫用ミニバックホウ

クボタ
0.03㎥ 超湿地仕様

地盤改良用(仮設道路敷設等)

D-BOX

地盤改良用(仮設道路敷設等)

CCIプレート
ページトップヘ